イタリアのメロディ

オペラを通してイアリア語を学びましょう!

コース構成:

イタリア語レッスン × 4時間(午前)

 +

オペラに特化したイタリア語レッスン × 1時間(午後)

本コースの目的:

オペラを通してイタリア文化を学びます。 愛や情熱、嫉妬、権力への渇望など、オペラで表現されるテーマを深掘りし、有名なアリアを取り上げながらヒアリングや会話の上達を目指します。

取り上げる作品:

  • 「セヴィリアの理髪師」 愛と欺瞞がテーマの喜劇で、そのユーモアとロッシーニの活気ある音楽で高く評価されています。 1846年2月20日にローマのアルゼンチン劇場で初演され、イタリアと世界のオペラレパートリーで最も愛され、演じられている作品のひとつです。 レッスンで取り上げるアリアは「私は町のなんでも屋」

  • 「ナブッコ」 祖国への愛と自由をテーマに、抑圧と権力に対する戦いを描いた作品。 このジュゼッペ・ヴェルディによるオペラは、1842年3月9日にスカラ座で初演されました。 レッスンで取り上げるアリア「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」は、イタリアの愛国的な賛歌として知られています。

  • 「椿姫」 ジュゼッペ・ヴェルディの作品で、愛や社会的、道徳的な慣習がテーマになっています。 この作品は、1853年3月6日にヴェネツィアのフェニーチェ劇場で初演されました。取り上げるアリアは、「乾杯の歌」

  • 「マダム・バタフライ」 ジャコモ・プッチーニ作。 成就しない愛と文化の違いをテーマにしたこの作品は、西洋と東洋の文化的な価値観の違いを、日本の若い芸者である蝶々夫人とアメリカの海軍士官ピンカートンを通じて表現しています。 1904年2月17日にミラノのスカラ座で初演されました。取り上げるアリアは「ある晴れた日に」

最終課題:

レッスンで取り上げた作品を一つ選び、学んだ知識と批評を交えながらプレゼンテーションをします。

 

 

イタリア語レベルを知りたい方はお気軽に無料チェックをお試しください。

レベルチェック

このコースの料金は料金表をご覧ください。

すべての料金を見る

このコースにご興味のある方は今すぐご予約ください。

申し込む